前へ
次へ

エアコンなし賃貸マンションは大家への交渉も

現代の暮らしになくてはならない家電の一つがエアコンであり、賃貸マンションを借りる際にもエアコンはあって当たり前と考えるかもしれません。ところがすべての賃貸マンションに、最初から絶対にエアコンが設置をされているわけではないため、事前に確認をすることが必要です。もしもエアコンのない部屋の場合は、エアコンを契約前に設置ができるかどうか、不動産会社を介して大家に交渉をすることもできます。賃貸収入を得ている大家側としては、部屋は全部埋まっていたほうが毎月の収入も安定するので、契約を迷う人の意見にも耳を傾けるはずです。それぞれの考え方があるので一概には言えないものの、部屋に空きが出るよりは、エアコン設置で入居してくれるほうが収入につながります。そう考えると入居を迷う人からの、エアコン設置リクエストを受け入れる可能性もあるためです。それでもエアコン設置を見送るなら、入居をしてから自分で設置をしてよいか確認すること、もしくはほかの物件を探すなど手段はあります。

Page Top