不動産

ビル

塀などを作るのかオープン外構にするか

一戸建てを建てたり購入するとき、建物の周りをどうするかがあります。
新興住宅地などでは、街全体で統一感を持たせる場合があります。
そのため、自分の敷地内でありながら自由にできないこともあります。
最近よくあるのは、オープン外構の住宅を並べた住宅地です。
オープン外構は、周りに塀などを設置しない開放感のある状態を指します。
あまり広くない敷地だと、自動車を駐車するスペースも取りにくくなります。
この時もオープン外構にすることがあります。
住宅に沿うように駐車することで、道路にはみ出すのを防げます。
防犯上の問題がどうかですが、以前とは考え方が変わっています。
かつては塀によって防犯力を高めようとしていましたが、今は見せて防犯する考えになっています。
ただし、住宅のプライバシーの面では注意が必要です。
道路に近いところにリビングがあり、大きな窓を設置することがあるでしょう。
でもカーテンなどをあけるとすぐに人と目が合うこともあります。
適度な塀の設置を考えることもあります。

ビル

関連情報一覧

塀などを作るのかオープン外構にするか

倍返しをすれば契約を解除できるのか

初めての引っ越しで体験したこと

広さよりも家事動線を考慮して選ぶ