不動産

ビル

広さよりも家事動線を考慮して選ぶ

新築の分譲マンションを選ぶとき、一つの建物内でもいろいろな間取り、金額のものがあります。
階によって眺望や日当たりが変わることもあります。
新築だと、工事中に契約をしないといけないこともあり、実際の物件を見ることはできません。
モデルルームが設置されているときは、モデルルームでチェックをしておく必要があります。
住みやすさの基準としては、住宅の広さがあります。
広ければその分スペースがあります。
物も置けますし、余裕のある生活ができそうです。
それ以外に考えたいのが家事動線です。
これは、通常の家事をするときに動きやすいかどうかになります。
キッチン周りや洗濯作業のしやすさなどがチェックポイントになるでしょう。
モデルルームであれば、ある程度家具なども置かれているので、家事動線をチェックするのにはちょうどいいといえます。
間取り図では家事動線をきちんと把握するのは難しいです。
キッチンの高さなどもチェックしておいた方がいいでしょう。

ビル

関連情報一覧

塀などを作るのかオープン外構にするか

倍返しをすれば契約を解除できるのか

初めての引っ越しで体験したこと

広さよりも家事動線を考慮して選ぶ